アウディ、フォルクスワーゲン、BMWなどのエンジン・DSG・ミッション修理のご相談は、8台の車両診断機で対応する静岡県沼津市の「うしぶせ自動車」へ

中部運輸局 認証自動車整備工場

有限会社うしぶせ自動車

静岡県沼津市西島町19-25 〒410-0835
平成29年4月 移転しました。
TEL:055-931-9260 FAX:055-931-9412

ブックマーク(お気に入りに登録)を忘れずに!

営業時間 8:30~17:30
定休日:日曜・祝日

お問合せはお電話で。

055-931-9260

冷却水(ロングライフクーラント)、ホースなどの点検(車検整備)

 エンジンの温度を一定に保ったり、室内の暖房などの熱媒体として使われているのは、冷却水(LLC=ロングライフクーラント)です。ラジエターやエンジン内、室内などを循環していますが、その経路である配管内の防錆などの役目と、0度以下になっても凍らないような不凍作用も担っています。2年毎の定期交換がおすすめです。

 冷却水の状態、ラジエターキャップの状態(ラジエターキャップも劣化します)、ラジエターからの水漏れ、ヒーターホースからの水漏れなどを点検します。

LLCの酸化防止剤濃度が落ちると冷却水系統が錆びるので対策が必要です。

ラジエターキャップ点検.jpg

ホースから水漏れ.jpg

(上の写真はこの車のものではありません)

 

ワコーズのクーラントブースターは冷却水を交換すること無く、防錆効果が得られるので、少々おすすめです。

http://www.wako-chemical.co.jp/