アウディ、フォルクスワーゲン、BMWなどのエンジン・DSG・ミッション修理のご相談は、8台の車両診断機で対応する静岡県沼津市の「うしぶせ自動車」へ

中部運輸局 認証自動車整備工場

有限会社うしぶせ自動車

静岡県沼津市西島町19-25 〒410-0835
平成29年4月 移転しました。
TEL:055-931-9260 FAX:055-931-9412

ブックマーク(お気に入りに登録)を忘れずに!

営業時間 8:30~17:30
定休日:日曜・祝日

お問合せはお電話で。

055-931-9260

エンジン警告灯の点灯(うしぶせ自動車@沼津市)

エンジンがかからない場合、いろいろな原因がありますが、一番疑わしいのはバッテリーです。

(バッテリーのページはこちら) 

 

時々、バッテリーを交換してもかからない場合や、セルモーターの回転が重い場合がありますが、この場合はセルモーターが寿命となっている場合が多いので、セルモーターへの電気の供給を点検し、セルモーターが原因であることを確認した後、交換します。

(セルモーターのページはこちら)

 

 それ以外には、ファンベルトの緩みなどにより、発電が足りない場合などもあります。

スモール球やヘッドライトをつけっぱなしにしていないのにエンジンがかからない場合には、さらに他に原因があります。

 

 いずれにしても、十分な知識と経験を持つ整備工場に相談するのが、確実に悪いところを直す近道です。 


 ここでは、エンジンの警告灯が点灯した場合の説明をします。

 

エンジンの警告灯が点灯した場合には、どこかのセンサーが壊れたり、断線、ショートなどをコンピューターが検知した場合、また、センサーからの信号が規定値を外れてしまった場合などにエンジンの警告灯が点灯します。

(アメリカ仕様のフォルクスワーゲンではミスファイヤでも点灯します。) 

 

 スズキの軽自動車(ツイン、エブリーの10万km以上走行車)では、ノックセンサーやO2センサー(O2センサーヒーター)が壊れていたケースが増えています。 O2センサーは2万円~3万円と国産車の部品としては高額です。 

 

 いずれにしても、エンジン警告灯が点灯した場合には燃費が悪くなったり、燃料の噴射量が正常でない場合が多いので、走行不能になる前に、整備工場に行きましょう。

 

 弊社ではトヨタ、ダイハツ、スズキ車については、イモビライザー以外のことはディーラーと同じ診断ができる診断機1台、外車用診断機2台、ベンツ専用(DAS)1台があります。 

 


事例1 

下記写真はスズキ車ですが、カム角センサーが断線し点灯しました。

エンジン警告灯.jpg


事例2

ダイハツムーブ、フロントO2センサーヒーター断線

0135.JPG

ダイハツ純正部品が比較的安く、診断料、部品代、工賃で総額12,000円程度です。


事例3

ジャガーSタイプ、AT変速不良

0734.JPG 0735.JPG 0795.JPG

弊社にて修理できました。 


うしぶせ自動車トップページへ    エンジン故障診断カテゴリートップへ