アウディ、フォルクスワーゲン、BMWなどのエンジン・DSG・ミッション修理のご相談は、8台の車両診断機で対応する静岡県沼津市の「うしぶせ自動車」へ

中部運輸局 認証自動車整備工場

有限会社うしぶせ自動車

静岡県沼津市西島町19-25 〒410-0835
平成29年4月 移転しました。
TEL:055-931-9260 FAX:055-931-9412

ブックマーク(お気に入りに登録)を忘れずに!

営業時間 8:30~17:30
定休日:日曜・祝日

お問合せはお電話で。

055-931-9260

国産車・外車のエンジン・ブレーキ・エアバックの警告灯(うしぶせ自動車@沼津市)

「エンジンがかからなかった。」

「最近エンジンが不調だ。」

「警告灯がついた」

「国産車、外車・輸入車のエンジン、ABS、SRSエアバックなどの警告灯がついたとき」

一般の整備工場では診断器を持つところが少なく、ディーラーに持ち込む工場が多いのが現状です。


しかしながら、弊社では消去、および修理が可能です。

理由は診断器が国産車専用1台、国産・外車汎用診断器が2台あるからです。

 

2000年以降製造された車には、OBDといわれる、故障の原因を車に搭載されているコンピュータが記憶している機能があります。

このコンピューターのトラブルコードを読み取り、そのトラブルコードを参考に故障個所を修理または交換し、整備完了後、それらのトラブルコードを消去します。

 

フローチャートを使うと以下の通りです。

ご入庫 

↓ 

トラブルコード読み取り

故障個所部品交換、または修理

トラブルコード消去

整備完了

 

 故障の中にはトラブルコードに残らないもの、本当の原因とは違うトラブルコードを拾うものなど があり、「診断機と経験、配線図やエンジンや電気の基本構造」を知らないと対応できない時代になりました。

 

また弊社では、外車の純正品(たとえばエアフロメーター)はかなり高額なため、純正品同等の信頼できる新品部品を使うことなどで出費を抑えることが可能です。

 

ぜひ一度ご相談ください。

対応メーカーは以下の通りです。 (アメ車以外はおもに2000年以降の車両)


メルセデスベンツ

BMW

フォルクスワーゲン VolksWagen 

アウディー AUDI

クライスラー CHRYSLER

シトロエン CITROEN

フィアット FIAT

ジーエム GM 

ランチャ LANCIA

ランドローバー LANDROVER

オペル OPEL

プジョー PEUGEOT

ポルシェ PORSCHE

ルノー RENAULT

アルファロメオ ALFA ROMEO

ローバー ROVER

フォード FORD(USA)

ボルボ VOLVO

スマート SMART

サーブ SAAB

ジャガー Jaguar 

IMG_3407-500.jpg

 

 


注意:車両に故障原因のある場合、トラブルコード消去のみでは再度警告灯が点灯しますので、多くの場合追加整備が発生します。

追加整備のある場合、部品入庫までの時間、追加整備料金など別途発生しますので、ご注意ください。