ドラムブレーキ(自動車構造@うしぶせ自動車)

 小型乗用車やトラック、大型トラックの後輪に使われているのがドラムブレーキです。

ブレーキドラム、ホイールシリンダー、ホイールシリンダーカップキット、ブレーキライニング(ブレーキシュー)、シューホールドスプリング等で構成されています。

ドラムブレーキ1.jpg

ディスクブレーキに比べ、安価に制作できるようです。

車検時には

1.ホイールシリンダーからのブレーキオイル漏れ

2.ブレーキシュー(ブレーキライニング)の残量や摩耗の状態

3.機能点検を実施し、内部を清掃、給油します。

 

ドラムブレーキ開.jpg


下の写真は2tトラックのブレーキドラムです。

ホイールシリンダーが錆びにより調整不可能なためホイールシリンダーを交換しました。

ドラムブレーキ、トラック.jpg

メーカーによっては自動調整機能が付いているタイプもあります。

ホイールシリンダー内部が錆びついた場合には、ブレーキの引きづり、せりなどが発生し検査に合格しません。

トラックブレーキドラム開.jpg

ホイールシリンダー.jpg

ホイールシリンダー4.jpg

新品のホイールシリンダーASSY。(アッシー、アッセンブリーとも言います)