BMW、メルセデス、アウディなどのドイツ車のエンジン・DSG・ミッション修理のご相談は、8台の車両診断機で対応する静岡県沼津市の「うしぶせ自動車」へ

中部運輸局 認証自動車整備工場

有限会社うしぶせ自動車

静岡県沼津市上香貫三貫地1244 〒410-0813 FAX:055-931-9412

ブックマーク(お気に入りに登録)を忘れずに!

お気軽にお問合せください

055-931-9260

 オーバーヒートオーバークール(水温計が上がらない)の場合、まず第一に点検や交換をするのがサーモスタットです。

 

一定の温度になるとラジエターのファンを回すラジエターファンなども冷却水の温度管理をしていますが、サーモスタットが主に冷却水の温度管理をしていて、冷却水が82度や88度前後になると弁を開き、(82℃オープンなどと言われる)冷却水の循環が始まります。

設定温度を過ぎても開かない時はオーバーヒートします。

常に開いてしまっているとオーバークールになります。

 

「朝、温度計の上がり方が遅い場合、平地走行をして温度が下がってしまう場合」などにはサーモスタット不良が考えられます。

 これらオーバークールの場合、燃費が悪い、(以前に比べ燃料消費が多い)、エンジンの回転が高い暖房がきかない、ディーゼル車の場合黒煙が多いなどが特徴です。

小型乗用車の場合、部品自体は2000円ぐらい。工賃と冷却水補充(ロングライフクーラントLLC)も入れて15000円前後です。

外車の場合は、冷却水のパイプに一緒になったタイプのもの(部品代15,000円程度、工賃約30,000円などあり、車種により大きく違います。

サーモスタット単体.jpg

写真中央にあるサーモスタット↓

サーモスタット.jpg

サーモスタットが無い状態↓

サーモスタットが無い状態.jpg

■ご予約は
055-931-9260までお気軽にどうぞ
*午前8:30~午後6:30
日祝日を除く