アウディ、フォルクスワーゲン、BMWなどのエンジン・DSG・ミッション修理のご相談は、8台の車両診断機で対応する静岡県沼津市の「うしぶせ自動車」へ

中部運輸局 認証自動車整備工場

有限会社うしぶせ自動車

静岡県沼津市西島町19-25 〒410-0835
平成29年4月 移転しました。
TEL:055-931-9260 FAX:055-931-9412

ブックマーク(お気に入りに登録)を忘れずに!

営業時間 8:30~17:30
定休日:日曜・祝日

お問合せはお電話で。

055-931-9260

シリンダーヘッドカバーパッキン

 エンジンのシリンダーの上には「シリンダーヘッド」というモノが載っています。

カムシャフトやバルブ機構が入った「シリンダーヘッド」の上にある蓋のようなものが「シリンダーヘッドカバー」

 その「カバー」と「シリンダーヘッド」の間にあるゴム(シリンダーヘッドカバーパッキン)が硬化すると、エンジンオイルが漏れたりします。

 写真の車はトヨタの1Gエンジンで、エンジンの調子が悪くて入庫されましたが、オイル漏れにより、スパークプラグがオイルに浸ってしまい、スパークプラグが適正温度にならずにエンジン不調を起こしました。

シリンダーヘッドカバーパッキン(シリンダーヘッドカバーガスケットともいう) とステンレスのボルト下にあるゴム付のワッシャー1台分(約16個)、スパークプラグ6本を交換しました。

オイル漏れ.jpg

バルブカバーパッキン.jpg

ヘッドカバー(左)と、ヘッドカバーパッキン(右)