アウディ、フォルクスワーゲン、BMWなどのエンジン・DSG・ミッション修理のご相談は、8台の車両診断機で対応する静岡県沼津市の「うしぶせ自動車」へ

中部運輸局 認証自動車整備工場

有限会社うしぶせ自動車

静岡県沼津市西島町19-25 〒410-0835
平成29年4月 移転しました。
TEL:055-931-9260 FAX:055-931-9412

ブックマーク(お気に入りに登録)を忘れずに!

営業時間 8:30~17:30
定休日:日曜・祝日

お問合せはお電話で。

055-931-9260

ZF6HP19 メカトロニクス交換

トランスミッション警告灯点灯

 故障診断はもちろんですが、オートマチックトランスミッション内の、メカトロニクスの交換が可能になりました。

 BMWのオートマチックはコーディングと言う作業が必要なため、一般整備工場では修理ができません。

 弊社では、メカトロニクス交換が可能になりました。

 

車種

 1シリーズE87

 3シリーズE90、E91

 5シリーズE60、E61

 上記車両に搭載されている6速オートマチック

 

症状

 警告灯点灯、エマージェンシーモードなど

 

修理費用

 約35万円税別(業販価格あり)

 (メカトロニクス、オートマチックオイル、コーディングなど含む)

 

備考

 5シリーズ(E60,E61)、7シリーズ(E65)、X5(E53)、アウディA4(8E)、ワーゲンなどのZF社製6速車種に関しましては、リビルトでの対応も可能です。(6HP-26,6HP-28)

車両により部品が違うため詳しい診断が必要ですが、担当河田までお問い合わせ下さい。

BMWの故障警告灯について

BMWの警告灯が点灯した車両の方、読んでください。

下の記事はDSCについて書いてあります。

DSCとは何か?

ABS(DSC)警告灯点灯の写真

DSCとは、Dynamic Stabillity Controlの略です。

横滑り防止装置、トラクションコントロールなどを発展させた装置のことを指します。

滑りやすい路面や急ブレーキなどの際でも車両を安定させるABSをさらに発展させた装置です。

 

 滑りやすい路面で、ブレーキを踏んた時「ブ~ン」や「ガガガ」という音を

 

 警告灯が点灯する原因として、以下の理由があります。

  1. 車輪速センサーなどセンサー信号の異常
  2. 配線の断線
  3. コントロールコンピューター内部の故障
  4. ポンプモーターの不具合
  5. 不調

 

 故障原因を見つけるには、車両診断機での診断が必要です。

故障コードによって、修理する箇所が違います。

弊社の場合、診断コードの5DF0、5DF1は日帰り修理が可能です。

BMW_5DF0.jpg

 

弊社での修理金額は税込10万円です。

修理時間は4時間程度です。


最近、多く見るのは「車輪の回転方向が分からない」というエラーです。

車輪速センサーを交換しても直らない場合もあり、現在原因を調査中です。

 

センサーを交換しても直らない場合にはDSCコンピューターを交換する必要もあります。

DSCユニットは、部品代が約30万円、工賃を入れると34~40万円のようです

 

弊社では輸入品を使用した修理が可能です。(為替相場により変化します)

 

警告灯が点灯しても、通常走行は問題なく可能ですが、急ブレーキなどの際にはABSが作動しませんので、安全な運転に努めてください。

BMWのコンピュータ冠水、水没について

BMWの水没について
過去、何台か水の混入により故障した車を見た事があるため、掲載しておきます。

3シリーズ E91
エンジンルーム内助手席前にあるエンジンコントロールコンピューターDMEが、ドレンのつまりによって雨水により3cmほど水没。
エンジンの初爆がなく、始動不能になった。
エンジン始動不能の原因はコンピューター内部不良。
基盤を確認したところ、錆により導通部分がありそうだった。
よく洗浄して、再始動した。

この車はプログラミングの最中にエアコンIHKE、オーディオCDMD、ブレーキ制御コンピューターDSC、トランスミッションEGSのプログラムが飛ぶという不運に見舞われた。
すべて新品ユニットを使用すると部品だけで140万円を超えるが、トランスミッションはリプログラム、それ以外は中古部品を使用し直した。現在も車両は使用中。
(すべてのROMに車台番号が書かれているため、車台番号書き換えソフトと専門知識が必要です。)


5シリーズ E65
大雨の日、偶然トランクが誤作動により開いており、トランク内に雨水が入ってしまい、トランク下部に10cmほど溜まった。
トランク下部のパークディスタンスコントロール(PDC)が水没し、時々エンジン始動不能。
メーター暗転。ワイパーが動き続ける状態になった。
PDCのスイッチボタンが点滅していたため確認したところ、トランク内コンピューターの半分が水没していた。
基盤がかなり錆びているため、交換必要だが、取りはずしてとりあえすエンジン等は正常に戻った。現在も車両は使用中。

7シリーズ
サンルーフのつまりからの雨漏りで、ライトコントロールモジュールFRMに水が数ヶ月程度の長期間付着する状態だったと思われる。
リアテールレンズのLEDが、3個点いたりする状態が数ヶ月前からあったらしく、バッテリーが半月程度で放電する状態だった。

ユニット側、カプラー側とも錆がひどく、難易度が高く修理金額も高額になりそうなハーネス交換が発生する可能性があった。
車両時価と修理金額を比較すると修理金額の方がかなり高額なため、車両の買い替えをお勧めした。

乗り換えを勧められている方へ

・正規ディーラーさんなどで、(30万円を超えるような)修理見積りが提示され、乗り換えを勧められているBMWユーザーのお客様へ。

 弊社は、あなたのお力になれると確信しています。

エンジン部品

車種

E60、E61、E63、E64、E70、E81、E87、E90、E91、E92、E93 

1シリーズ、3シリーズ、5シリーズ、X5

2005年以降のお車

 

説明

上記の車種では、正規ディーラーさんでは中古コンピュータ部品を使用してのユニット修理ができません。

  

理由はすべての各コンピュータユニットに車体番号が書き込まれており、通常は車台番号の書き換えが不可能だからです。

 

仮に中古部品を取り付けると、Incorrect chassis numberというエラー表示されます。

 

特に、

DME(エンジンコントロールコンピュータ)、

EGS(オートマチックトランスミッション)、

CAS(カーアクセスシステム)

スピードメーターなどは相互に連携しており、中古のコンピュータを使うとエンジン始動すらできなくなります。

 

正規ディーラーさんの使用している資料でもそれが明記されています。

 

たとえば、

DSC(ABSコントロールコンピュータ)

が反応しなくなった(Not responce)の場合、新品を使うと部品代だけで約30万円かかります。

 

EGS(オートマチックトランスミッション)が壊れた場合

トランスミッション一式交換で、80万円~の見積りがでます。

 

エアコンコントロールユニットは部品代が17万円。

 

 

弊社では、BMWに関しては日本国内では数台しか導入されていない診断機を使用しており、これらの問題を中古部品を使うことにより、解決できます。

 

私の知る限りでは平成27年1月現在、BMWの中古部品が使用できる工場は日本には10件に満たないと思われます。


お客様からのメールをご紹介します。

 この度はお世話になりました。

 東京から何故?静岡の修理工場まで来たのですか?と聞かれましたが、私は4台目のBMでいつもディーラーに修理を出していました。

 今回5年しか乗っていないのに点検修理に70万、その後DSCエラーで35万と言う見積もりが来て、5年乗るとこんなにかかるのかと途方に暮れていたとき、HPでうしぶせ自動車さんを知り、片道145キロかけても電話の対応や話し方から信頼できる業者だと思い伺いました。

 想定よりも安く、丁寧な修理をしていただき、帰りには久しぶりにエラーの消えた愛車に乗り、社長おすすめの長岡温泉で1泊して楽しい帰り道を堪能出来ました。

また調子が悪くなったら絶対にお願いに伺います。

ありがとうございました。

東京都足立区W様


 

正規ディーラー様などで、買い替えを勧められるような高額見積りの場合、ご相談下さい。

 

お問い合わせは担当:河田まで。

E46 4気筒エンジン不調修理(うしぶせ自動車@沼津市)

エンジン不調で入庫したBMW E46後期の2000ccの直列4気筒エンジン。

 

スタンドさんでオイル交換し、その後オイルフィラーキャップからオイルを吹いたらしく、その後エンジン不調になったそうです。

 

この車、オイルフィラーキャップが正しく閉まっていないだけでエンジン不調を起こすようです。

吹け上がりが悪く、アクセルを踏んでも力がありません。

 

症状から推察すると、エアフロの特性異常にも似ています。

在庫しているスペアのエアフロに交換しましたが、症状が変わりません。

 

自己診断DTCはエキゾースト側カム角、異常値検知。

バルブトロニック機構もセーフティモードに入り、作動を停止していました。

 

カム角センサーをチェックしても異常なしなので、割と重症のようです。

こういう時は目視での確認も大事なので、ヘッドカバーを開けました。

 

タイミングチェーンガイドが、バラバラになっていました。

 E46_engine05.jpg

ここまでバラバラになっていると分かりやすいです。

どうやら破片の一部がカム角検知の羽根を曲げたようで、異常検知したようです。

E46_engine01.jpgE46_engine04.jpg

このチェーンガイドの交換は一度タイミングチェーンを外さないと交換できないので、タイミングチェーンを外します。

 

タイミングチェーンを外して、組み立て時には専用工具が必要です。

この工具がないとインテーク側とエキゾースト側のプレートがあわせられません。

E46_engine02.jpg

点火タイミングがずれるので、正常に走らなくなくなります。

 

弊社はこの専用特殊工具があるので、外しますが、工具の無い工場は外さない方が良いです。

 

エンジンオイルの交換は自動車整備では基本中の基本で、欠かせない事です。

エンジンオイル交換はやらないよりもやった方が良いのですが、正しくやらないと、今回のようにエンジンを壊してしまうかもしれないという事例でした。

E90 ステアリングアングルセンサー不調

ステアリングアングルセンサーリペア

症状

ウインカーが戻らない。

ASC、ABS警告灯の点灯

 

診断内容

ステアリングコラムユニットからのCAN信号内部故障、舵角センサー異常などステアリングコラムからのエラーコードが5種類入っていました。

 

右折や左折してハンドルを戻しても、ウインカーが戻りません。

 

機械式ではなくて、光学式のステアリングアングルセンサーです。

主な原因はプラスチックの劣化による傷や汚れが原因のようです。

 

部品の中に、手袋と帽子が入っているので、髪の毛や指紋でも不良になると推測されます。

BMWステアリングアングルセンサー交換写真 1.jpg 

 

部品と工賃で4万円程度です。

BMW修理ご依頼フォーム

BMWの修理のご依頼は以下のフォームよりお願いいたします。

 

・以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

ご注意事項

・登録された個人情報は返信およびご連絡に使用し、他の目的には使用しません。

・作業の内容により、バッテリーターミナルを外す場合がありますので、FM・AMラジオ等の登録は初期化されてしまう場合があります。あらかじめご了承ください。

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:E90 3シリーズなど)